2007年10月04日

マクベス夫人の死

今日、家に帰ったらマクベス夫人がお亡くなりになってました。(-_-)
マジで凹む。

なんだかんだ言って、夫人の事を好きだったんだな。(-_-)
遺体を水槽から出した時に「嗚呼、自分は今、死体を手に持っているんだなあ」と今更ながら悲しくなりました。

ここ2〜3日、元気が無かったもんな。
そんなわけで、gooに続いて、今日もお通夜です。
posted by 國王 at 01:21| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

オサカナ記録15

■1月9日
何とか、稚魚の里子作戦も終盤を迎え、残り7匹となった。
ヤレヤレ。
熱帯魚屋さんに持っていくと、魚の餌になるという噂もあるので、捌けて良かった。
大きい稚魚を中心に配ったので、我が家には小さい稚魚が残っている。
残った人々も、安心して餌が食えるようになったのか、人口が減ってからは、大きくなったみたいだ。

魚大きさ比較

それにしても、この魚はどのくらいの大きさになるんだろう。
水槽が大きいと、20cm近くになるという噂だけど、水槽は小さいしな。
大体、マクベスとマクベス夫人は、買ってきた段階で、同じ大きさか、マクベスの方が大きかったのに、あっという間に夫人の方が1.5倍くらいになった。
(餌を食べる時も、マクベスを追い払って夫人が食べていたので、当然といえば、当然なのだ)

マクベス…(T_T)
死因は、夫人が体当たりしたり、突いたりしたせいだと思うんだが…。
マクベス→夫人への攻撃は見たことがないが、夫人→マクベスは、毎日苛烈に行われていたしな。

お子様同士で、そういった争いは見かけないので、やはり夫人だけなんだろうか。
お子様用に、もう一つ水槽を用意したんだが、どうしても夫人と同居させる気になれん。どう考えても、夫人はお子様達を攻撃して死なせるに決まっているよ。(-_-)

気の荒いシトだなあ。

postscript
そういえば、10月ごろ、稚魚水槽(沙翁水槽3号)用に、ミナミヌマエビを3匹貰ってきた。皆元気だ。
posted by 國王 at 04:38| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録14

■12月中頃
稚魚がようやく大きくなってきたので、里子に出す作戦を展開する。
まずは、ターゲットとして、E先輩だ!!
mailをしてみたら、実家で飼っていたという。
一緒にホームセンターにて、水槽を選ぶ。

ホームセンターへ行ったら巨大な河豚が居た。
吃驚だ。

漸くカメラが捕らえたマクベス夫人の像。
macbeth-fujinnno-shouzou.JPG

カメラが捕らえきれなかったマクベス稚魚たち
chigyo0612.JPG chigyo-06122.JPG
posted by 國王 at 04:29| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録13

■9月30日夜
夕方、マクベスがお亡くなりになったと思ったら、夜、沙翁水槽1号にて、怪しい影を発見。
透明で小さい…(-_-)

稚魚か!!( ̄д ̄;)

ということで、マクベス夫人は最後までイジワルだった模様。
我々にマクベスの弔いをさせないつもりなのか、稚魚をご出産。しかもその数22匹!!

稚魚の産院

一先ず、余っている昆虫用のプラケースに移動。
ゴボゴボを投入して様子を見る。
posted by 國王 at 04:18| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録12

macbeth-iei.JPG■9月30日
マクベスがお亡くなりになった。
マクベス夫人もなんだか元気が無いので、心配だ。

posted by 國王 at 04:02| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録11

■9月6日ごろ
家を空け、世話を頼んだチドリさんから連絡が有り。
「横井庄一発見!!」
なんと、3匹でなく、4匹いた模様。
どこに潜伏していたのか…。
posted by 國王 at 03:48| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

オサカナの悩み

飼っているマクベス夫妻(ソードテール)に稚魚が3匹生まれて、着々と育っているわけですけれども、ここで疑念が一つ。
良い名前を付けられるだろうか。オレサマ。


3兄弟っていうと、やっぱり、エドワード/ジョージ/リチャードなのか?
てか、そう付けたら、確実にリチャードがエドワードとジョージを
殺害
するよね。
しないわけないよね。(-_-)

何がいいかなあ。
大きくなる前に考えておこう。
posted by 國王 at 06:03| ウィーン | Comment(2) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

オサカナ記録9

sakana060815-2.jpg■8月11日:どうしたものかわからなかったので、熱帯魚屋さんにmailをしてみたところ、懇切丁寧な返事が返ってきた。やっぱりちゃんとしたところだ。
一先ず、稚魚にはベビーフードを与えることが判明。
家の近くの熱帯魚屋へ行く。
(件の熱帯魚屋さんは遠いのだ)
一軒目は閉まっていて、二軒目は相変わらずサカナが死んでいて、三軒目の妙に高いところへ行く。まあ、高いけど、一軒目、二軒目よりは好感が持てる。五軒の中では、2番目にサカナも元気だ。
ベタも小さな瓶に入れられているが、ちゃんと水替えをしているのか、わりと元気。そんなに立派じゃないけどな。
(むむ、よく考えたら、熱帯魚屋は7軒行ったんだった。2軒忘れてたよ。一カ所は、ベタが袋詰めで酷かった。あれを見たときは、ベタを飼うことになるとは思わなかったな)
無事ベビーフードを購入して帰る。

sakana060815.jpg■8月12日:マクベス夫妻は、以前から水槽の壁と水温計の間の狭いスキマを通る遊びをしているのだが、最近それがヒドイ。
どうヒドイかと言えば、夫人が太りすぎなのだ。
おかげで、水温計は徐々に壁から離れつつある。
夫人、その遊び止めてくれ。(-_-)無理矢理通らんでくれ…

どうにかして止めさせる手だては無いモノか。

■8月16日:徐々に稚魚に色が付いてきた。サイズも大きくなってきたようだ。成長が楽しみだ。ナントカうまく大きくなってくれるといいなあ。
sakana060815-3.jpg sakana060815-4.jpg
posted by 國王 at 09:13| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録8

隔離された稚魚■8月6日:マクベス夫人ご出産。おおお!!( ̄д ̄)
まさか、ご懐妊だったとは!!
しかし、産んだ後もやっぱりデブふくよかなので、タダのオペラ歌手説も捨てきれない。
ともあれ、見たら突然小さいのが動いていたので、吃驚して隔離する。
念のためと思って、産卵箱を買って置いて良かった。
稚魚は計3匹。後に、1匹の死体を見つけたので、本当は4匹だったもよう。
隔離する前も、夫人が追いかけ回して食べようとしていたので、危なかった。
だが、ハラヘリなのか、隔離箱の周りをウロウロとする夫人。
だから、あんた食べ過ぎだって(-_-)

てか、鬼子母神でも自分の子は食べないよ。

分かりやすい図↓
隔離された稚魚のわかりやすい図

posted by 國王 at 08:49| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録7

■8月1日:バッサーニオが脱皮した。しかしあまりサイズは大きくならず。

■8月2日:ハムやんがジャンプして餌を食べるようになった。そんなにハラヘリなのか?一つ目はジャンプするが、その後はジャンプしない。

sakana060801-2.jpg sakana060801-3.jpg
sakana060801.jpg sakana060801-4.jpg
バッサーニオとハムやん。
こうして見ると、まるでハムやんは赤い魚のようだ。
ちどりさんとこのシュンエンは真っ赤だけどな。
posted by 國王 at 08:37| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録6

■7月17日:マクベス夫妻とベネチア組(ヤマトヌマエビ)が餌の取り合い。いや、君ら食い過ぎだから。(-_-)
水槽の中が3Dサッカーのようになっていて、コリ用の餌の欠片をアントーニオが抱えて逃げ、それを夫人が突いて落とさせ、バッサーニオがキャッチてなことになっている。
特にマクベス夫妻は、普通の餌もやってるんだから、その餌はベネチアどもにやれよ。(-_-)
最終的に、アントーニオが餌を奪取し、植物の中に隠れて一人ガシガシと食べていた。
白コリ達は、この環境に付いていけなかったのかもしれん、と思ったり。

■7月19日:白ひつじから、コリが翌日に死んでしまうのはよくあるらしいとの話を聞く。前からいるやつも道連れらしい。
本当かどうかわからないが、一先ず気温も高いので、やっぱり落ち着くまでは止めておこう。
それにしても、今から冬が心配になってきた。

■7月21日:エビは固まっていることが多くなってきた。最近、とみにマクベス夫人が巨大化してきたので、大きな生き物に見せているのかも。
マクベス夫人は太りすぎだ。
まるでオペラ歌手だ。
どんなアリアを歌うっていうんだ。
マクベスとマクベス夫人のサイズが明らかに違ってきた。

■7月22日:2代目ハムやんはよく泳ぐ。やっぱり、このくらいの水槽じゃないと駄目なんだな、と深く反省した。寿命までは、絶対に死なせないようにしよう。
◎尾腐れ病になったら、シッポをハサミで切ってしまうといいらしい。
◎水替えを3週間に一回しかしない人もいるらしい。その人は、随分と死なせてしまって、結局構わないのが一番だという結論に達したとあった。
ううむ。タブン、バクテリアがワンサカいるようなベテラン水槽なんだろうなあ。初心者水槽とは話が違うっぽいぞ。
2代目ハムレット 2代目ハムレット2
posted by 國王 at 08:21| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録5

■7月10日〜15日ごろ:気温が急上昇。それに連動して水温も上昇。
水が28度くらいになる。日によっては、30度に。
氷を放り込んでいる人もいるようなので、氷を入れてみる。30cm水槽に氷2〜3個ならば、そんなに水温は急変しないはず。
(30度×30cm水槽+0度×3カケ)÷(30cm+3カケ)
氷を入れたら、好評らしく、マクベス夫妻が近くに寄ってきた。
それは不味そうだと思ったので、追っ払う。
次に、250mlのペットボトルを凍らせてそのまま投入してみた。これも好評だ。
竹炭も嬉しそうだったから、浮いてるものが好きなのか?

nettaigyo0607015 (10).JPG■7月15日:白コリとベタを買う。ハムやんを死なせてから、寂しくて仕方がなかったので、誘惑に負ける。
本当は、もうちょっと勉強してからにしようと思ったが、結局買ってしまった。今度は死なせないようにしよう。
ベタ用の水槽も買う。なかなかイイカンジ。水草も買う。
ベタは、熱帯魚屋さんで買った方を、白ひつじにやり、代わりに白ひつじのところにいたバンクォーを貰いうける。斯くして、バンクォーは2代目ハムやんに。(脇役からタイトルロールに昇格。てか、バンクォーに最初目を付けたのはオレサマだ)
一緒にナントカ苔も貰う。
熱帯魚屋さんに聞いてみたら、ペットボトル投入は正しかったらしい。
やっぱり温度下げるには、それしかないよな。
扇風機当てても、気化熱で下げるから、大して下がらないし、蒸発も早い。
温度には気を付けよう。

nettaigyo0607015 (16).JPG■7月16日:突然、白コリが相次いで死亡。水合わせもちゃんとして入れたはずだが、新しい白コリがお亡くなりになり、すぐに前からのも死亡。
原因がよくわからないので、しばらく白コリはやめておこう。
白コリカワイイんだけどな。(-_-)
名前が悪かったのかもしれん。
ローゼンクランツとギルデンスターンだしな。
(二人とも、登場してすぐにハムレットに殺される)
いや、別にベタが殺したわけじゃないんだけど。
前のハムやんの近くに埋める。

posted by 國王 at 08:03| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録4

sakana060705.jpg■7月5日:コリ用の餌をやってみるも、あまり好評ではない。
大きすぎて、食べられないっぽいので、小さく砕いてやることにする。
すると、エビが降りてきて、抱えて持ち去っていた。
賤しい奴。
アントーニオとバッサーニオは、一回りくらいサイズが違うが、関係なく2匹とも餌を狙っている。
時折、マクベス夫妻に追いかけ回されているのが気になる。
アントーニオはよくピョイピョイと泳いでいる。

■7月6日:マクベスが、マクベス夫人を追いかけ回しているが、夫人はうるさがる素振り。こりゃ、年上女房だね。
ちょっと黄昏れるマクベス。
夫人もたまに構って遣ってるようだが、基本は無視らしい。
マクベスは、他の魚に攻撃をしたりと、気の荒いタイプのようだが、夫人の近くにいる時は大人しい。

■7月10日:浮かんでしまっていた植物が、遂にバラバラになった。犯人はエビかマクベス夫妻っぽいが、不明。
浮かんでいる根っこの少し上からガジガジと囓り始め、そのまま茎を囓り登り、果ては、ハッパの茎まで囓っていた。
餌は普通にやってるだろ!!( ̄д ̄)
この後、二本目の植物も同じように遣られる。
お前らビーバーか!!

■7月10日:苔を貰う。

posted by 國王 at 07:27| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録3

ベタの水槽をどうにかしないとマズイと思いつつ、そのまま小さい容器で飼っていたら、ベタの調子が悪くなる。
シッポの先が白い。
調べてみたら、尾腐れ病らしい。
水替えについて、毎日だったり、一週間に一回だったり、諸説あって、よくわからずに2日に一回にしていたのだが、それが不味かったもよう。
タブン、小さい容器なら、一日一回でいいような気がする。
竹炭を下に沈めたら、それが好評だったのだが、それに引っかけた様子もある。
いくらコップで飼えるサカナと言っても、長生きをさせたかったらちゃんと飼うべきらしいと、判明。(コップで飼ってる人は、かなりの確立で、すぐ死なせている)
そりゃそうだよな。
夜に気付き、慌てて調べ、塩浴が良さそうなので、塩を入れてみる。
赤穂の天然塩だ!!(←タブン関係ない)
少し楽になった様子だが、確認するたびに、白いところが急速に広がっていっている。むちゃくちゃ早い。とは言っても夜なので、それ以上手が打てない。
翌日、ハナに頼んで薬を買ってきて貰って、大きな容器に移し、薬浴する。
だが、この段階で、カナリしっぽが白い。
薬浴も体が辛そうだ。
時間が経ったら、泳ぎ始めたので、少し安心する。
だが、皆で外へ行って帰ってきたらお亡くなりになっていた。全身が白い。
魚を飼うには、もっとちゃんとわからないと駄目だなあと反省し、木の根本に埋める。

sakana060701 (3).jpg sakana060701.jpg
sakana060701 (1).jpg sakana060701 (2).jpg
posted by 國王 at 07:08| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録2

色々と調べてみた結果、イキナリ飼うのは結構無謀だったことが判明。
普通は、パイロットフィッシュなるサカナを入れて、水槽を慣らすらしい。(バクテリアを増やすため)
しかし、買ってしまったからには、進むしかないので、進む。

◎ちなみに、初期投資はそんなにかからなかった。
水槽(餌・2週間分/ポンプ/カルキ抜き) 1500円
砂利(1キロ150円×2) 300円
水草 550円
(水も貰って帰った)

◎サカナ
ソードテール 150円×2
白コリ 310円×2
和金 50円
ベタ 450円

後に、ここの熱帯魚屋は安いと知る。
ベタなんか、ここよりも小さくてぐったりしてて、1100円くらいするんだよ!!普通のトラディッショナルベタだよ!!
コップに入っていて、ぐんにゃりしてるんだよ!!

この後、熱帯魚を扱うところを、4軒行くが、どこもサカナを買う気が起こらない。やっぱり元気なのは大事なんだなあ…。

〔増えた知識〕
■和金は凶暴らしい(熱帯魚屋さん談)
エビと一緒に飼うと食べちゃうこともあるらしい
■ベタと和金を同じバケツに入れたら、ベタが和金を追いかけ回していた。
色が付いていれば、追いかけるもよう。和金がカワイソウなので、すぐ引き上げる。
■ベタとソードテール×2は一緒に飼えない(熱帯魚屋さん談)
ベタとソードテールを一緒にすると戦うらしい。ベタが追いかけ回されるかもと言われる

〔起こった事件〕
アントーニオの抜け殻■6月24日:金魚がお亡くなりになる。飼い方が悪かったらしい。反省する。
■6月24日:後輩の白ひつじが勝手にグッピーを買ってきて入れる。
■6月25日:さっそくグッピーが死ぬ。体が半分に折れていた。何故かは謎。ただ、調べてみたら、マクベス夫妻と一緒にしてはいけなかったっぽい。
ソモソモ、こんな元気のなさそうなグッピーを買ってくるな。
■6月25日:やっぱり突然思い立って、生き物を飼ってはいけなかったと反省しつつ、急いで色々と調べ始める。
■6月25日:マクベス夫人のお腹が大きい。ご懐妊か?と思ったらすぐ戻っていた。マクベス夫人は餌をよく食べる。カシコイ。
■6月25日:エビのアントーニオが脱皮した。
posted by 國王 at 06:48| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オサカナ記録

ちょっと前から熱帯魚を飼っている。どうしてこんなことになったのか不明だが、一先ず飼っているので記録を付けることにする。

日記によると、6月18日あたりから飼い始めた模様。
■沙翁水槽の人々
・マクベス夫妻(ソードテール)
・アントーニオとバッサーニオ(ヤマトヌマエビ)
・ローゼンクランツとギルデンスターン(白コリ)
・ハムやん(ベタ)
sakana060619 (1).jpg sakana060619.jpg
(左:マクベス、右:ギルデンスターン)
sakana060619 (4).jpg sakana060619 (3).jpg
(左:ローゼンクランツとギルデンスターン、右:アントーニオ)

posted by 國王 at 06:28| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オサカナ・沙翁水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする